産学協同実践教育「プロジェクトベース設計演習」

 3年次の産学協同実践教育「プロジェクトベース設計演習」では、IT企業で働く現役のエンジニアから指導が受けられます。 学生はプロジェクトチームに分かれてシステム開発業務を体験します。

プロジェクトベース設計演習の授業風景

 この演習において、学生は顧客(に扮したスタッフ)の要求を踏まえて設計・開発を行い、チーム内の人的資源を有効に使いながら、期限までに完成品と資料を納品しなくてはなりません。 学生はその過程で、品質(quality)・コスト(cost)・納期(delivery)の3点を常に意識したプロジェクト管理の実際を学びます。

 課題を理解してシステム設計に反映させる能力や、設計をドキュメントにまとめる能力、その設計を実現する能力が問われるのはもちろんのこと、チーム内のコミュニケーションや顧客とのコミュニケーションも大切です。 演習の最後には成果発表会を行うので、プレゼンテーション能力も求められます。

 この授業は平成26年には経済産業省「社会人基礎力を育成する授業30選」に選ばれるなど、高い評価を得ています。

受賞歴

(2016/12/25 掲載。記載内容は執筆当時のものです)