総合教育プログラム 詳細

はじめに

 情報科学科では、情報技術コースの中に「総合教育プログラム」を設けています。「総合教育プログラム」では、情報科学・情報技術の基礎をしっかりと身につけ、ソフトウェア開発やハードウェア開発、情報システムの設計・開発等にかかわる様々な分野で活躍できる技術者を育成します。情報技術コースの履修者は一定の条件を満たしていれば「総合教育プログラム」に進むことができます。

総合教育プログラムの特徴

 情報科学科 情報技術コースでは、情報技術と高い倫理観を併せ持つ、社会に貢献できる技術者の育成を目指しています。このような人材育成方針を踏まえて、修了生がソフトウェア開発やハードウェア開発、情報システムの設計・開発等に関わる様々な分野で活躍できるように、以下の1〜3に重点をおいたプログラム設計を行っています。

  1. 1年次に情報科学・情報技術の入門を学んだうえで、2年次からコースに登録して学び、情報科学・情報技術の基礎をしっかりと身につける。
  2. 3年次までの学修と4年次の卒業研究を通して、高い倫理観を持った職業人として社会に貢献することができ、社会の仕組みや人間の特質を知って情報技術を適切に適用できる能力を身につける。
  3. JABEEが情報及び情報関連分野の技術者教育プログラムに要求している要件を満たすように、大項目、中項目、小項目から成る学習・教育目標を掲げ、これらの目標を達成するために学習すべき科目を設定している。
入学年 資料
2017 学習・教育目標 JABEEの要件 科目対応表 履修要領(登録要件等)

JABEE認定制度について

 日本技術者教育認定機構(JABEE: Japan Accreditation Board for Engineering Education)の認定制度は、大学などの高等教育機関で実施されている技術者教育プログラム(学科・コースなど)が社会の要求水準を満たしているかどうかを外部機関が公平に評価し、要求を満たしているプログラムを認定する制度です。JABEEが技術系の学協会と連携してプログラムの審査・認定を行っています。JABEE認定制度の詳細についてはJABEEホームページを参照してください。

総合教育プログラムを修了することの意義

国際的に通用する情報技術者の育成

 JABEE技術者教育プログラムとして認定されたコース/プログラムの修了生は、海外でも一定の水準の教育を受けた技術者として認められることになります。

技術者にとって最も権威のある国家資格「技術士」への近道

 JABEE技術者教育プログラムとして認定されたコース/プログラムの修了は技術士(情報工学部門)の第一次試験の合格と同等であるとみなされ、技術士第一次試験が免除されます。その後実務経験を積み、二次試験に合格することで技術士になることができます。技術士の詳細については(社)日本技術士会ホームページを参照してください。

 技術士補の登録や技術士第二次試験の受験等のために修了証明書が必要な際には、本学教務課に申請することで証明書を発行してもらえます。申請方法等の詳細については本学ホームページ内の「証明書の発行手続きについて」を参照してください。

総合教育プログラムの沿革

 情報科学部(当時)は、2002年度の学部開設と同時にJABEE認定に向けた準備を開始し、教育システムの改善に取り組んできました。

 2006年度にJABEE認定審査を受審し、その結果「情報科学総合コース」がJABEE技術者教育プログラムとして認定されました。認定分野は「情報及び情報関連分野」です。
 この分野でのJABEE認定は中国・四国・九州の私立大学では初めてです。

 2011年度の継続審査に合格し、引き続き「情報科学総合コース」がJABEE技術者教育プログラムとして認定されています。

JABEE認定証
JABEE 認定証

 2017年度の学部再編にともない、情報科学部 情報科学科「情報科学総合コース」は理工学部 情報科学科 「情報技術コース/総合教育プログラム」となりました。